月別アーカイブ: 2014年6月

ローンで次々に買い物をする愚かな私

高校卒業後社会人デビューした私はとにかく背伸びがしたかったのだと思う。

雑誌で紹介されるデパート勤務。無知な私はそれに相応しい自分が欲しかった。

だからではないのだけれど、ン十万の高額基礎化粧品に手を出してしまった。

高いなら効果があるだろう、それはとても甘い思い込みだった。

そもそも市販の化粧品でかぶれたことが購入のきっかけだったにも関わらず、この基礎化粧品も使用後かゆみを感じてしまうのだ。

信販で組んだローンの金額は、月々の返済額は一万ちょっとと微々たるものだったけれど、それが今後何年も、効果のないものに支払わなければならないとなると……

Continue reading