奨学金の返済に追われて自己破産を考える日々

私の家は貧しく、高校卒業後は就職して欲しいというのが親の希望でしたが、なにになりたいのかもわからず、勉強が好きだった私はどうしても大学に行きたかったのです。

そこで思いついたのが、奨学金を借りるということでした。

これには、高校時代の成績などの書類審査があり、それをパスすると面接があり、非常に倍率の高いものでした。私はなんとかそれにも通り、奨学金を借りる事ができることを知った時は本当に嬉しくて、そのことしか見えていませんでした。

それを借りる事により、総額いくらになるのか、毎月いくらづつ返済しなければいけないのかという事は一切考えませんでした。

というか、お金を稼ぐことの大変さ、一人暮らしにいくらお金がかかるのか、結婚、育児にかかるお金など、高校生に分かるはずがありません。

無事に大学を卒業し、卒業する際の奨学金返済に関する説明会で、目にした返済総額が800万弱。

最近、自己破産した方がいい金額だともききました。

毎月4万円ほど返済していますが、出産し、専業主婦の私にはとても大きな金額です。

主人が返してくれるとも言ってくれましたが、そんなこと悪くてできません。

できるだけ子供と一緒に居たいですが、それも叶わない状況です。

こんなに大きな金額を高校生に貸し付けるというのは問題な気もします。

しかし、それがないと困るのも事実で。

難しい問題だと思います。